プエラリア服用の注意点






服用の注意点

プエラリアと言えば、バストアップサプリメントなどに含まれており、若い女性のスタイルアップを応援するサプリメントとして話題です。 正しい飲み方をしていなければ、副作用やリスクがあるのをご存知でしょうか。

 

プエラリアを含むサプリメントは数多く市販されており、どれを購入してよいか悩んだ時、まずプエラリアの含有量を確認するのではないでしょうか。多く含まれている方がよく効きそうだからです。

 

サプリメントを摂取する事で、体に良い効果が現れればよいのですが、実はプエラリアを含むサプリメントを摂取する時には注意が必要なのです。たくさん摂取した方が効くだろうと思い、指示されている以上を摂取し過剰摂取してしまうと、生理周期の乱れや不正出血などの副作用があるのです。

 

一日のプエラリアの上限摂取量はおよそ200〜400mgと言われています。市販されているプエラリア含有サプリメントの中には多い場合、中には700mgもの量が配合されているものもあります。これは定められた上限摂取量と比べて多すぎる量なのです。 効果を早く実感したいとの思いで、つい多く摂取してしまうと副作用が起こるリスクが高まる事に注意して、正しく理解した上で摂取するのが望ましいのです。

 

以下では、よくあるケースを具体的に紹介していきますので、初めて摂取する方・なんとなく飲んでいた方などは一通り目を目を通されることをお勧めいたします。

 

ピルとの併用

女性ホルモンに似た働きのある成分を含むプエラリアは、バストアップや若々しい肌を作るのに効果的なものとして知られています。 一方のピルは、女性ホルモンの卵胞ホルモンや黄体ホルモンを増やし、妊娠しやすくする卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの分泌を抑えることで避妊効果がある他にも、生理不順に有効な働きが望める薬として、よく利用されています。

 

ピルつまりは、プエラリアもピルも、女性ホルモンを増やす働きを持つものといえます。

 

しかし、この2種類を同時に服用することは、女性の身体に悪い影響を及ぼす可能性があることから、服用時には注意しなければいけません。 ピル服用中の人がプエラリアを摂取すると、体内の女性ホルモンが過剰に分泌されてしまいます。その結果、ホルモンバランスが崩れてしまい、辛い症状が現れやすくなります。

 

主な症状として、吐き気や頭痛、生理不順や不正出血、ニキビなどの肌トラブル、倦怠感などといったものがありますが、これらは特にエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンが過剰分泌されることによって生じるものです。 実際にプエラリアのサプリメントなどの製品には、ピル服用時には使用しないよう注意書きがされていますから、説明書に書かれていることを必ず守るようにしてください。

 

【お役立ち情報】ニキビ跡がすでにできてしまっていたら、『ニキビ跡ケアなび』が詳しいので参考になさってください。

 

甲状腺異常がある

バストアップに役立つ商品としてプエラリアが注目されており、サプリメントなどで摂取されている方は多くなっています。 熱帯の一部や温帯に自生しているマメ科のハーブとなっており、イソフラボン誘導体などが豊富に含まれており、バストアップに役立つとされています。 そしてバストアップだけではなく美肌効果や更年期の症状の改善にも役立つなどでも女性に注目されている成分となっています。 特別な運動なども必要なく飲むだけで良い効果が期待でき、手軽に続けられることでも人気となっていますが、やはり注意点はあります。

 

ホルモンバランスに影響を与える成分ですので甲状腺異常があるなど健康に不安のある方の場合は利用は慎重に行っていきたいものです。 薬ではないものの、過剰に摂取すると生理不順が起きたり、にきびや肌荒れ、胃部の不快感などが起こるとされていますので、早く効果を出したいからと過剰に摂取するのは控え、正しい量を利用するよう心がけましょう。

 

利用に不安がある場合は、事前に医師に相談しておくとより安心して利用することができます。 そして、利用中に体に不具合があったり、何らかの変化があった場合は一旦服用することはやめ、医療機関に相談してみると良いでしょう。

 

女性特有の癌や生殖系の病気がある

女性特有の癌や生殖系の病気がある方については、プエラリアの摂取にも注意が必要となってきます。 まず、女性特有の癌や生殖系の病気がある方は、ホルモンのバランスが不安定な状態になっていますので、この状態でプエラリアを摂取することで、症状の悪化が起こりやすくなってしまうのです。 症状が悪化してしまうと、完治にもより長い時間がかかるようになってしまいますし、状態が悪くなることで全身の健康にも影響を及ぼしてしまいます。

 

また、女性特有の病気で治療を受けている方は、症状によってホルモンを分泌させる投薬を受けていたり、場合によってはホルモンを抑える治療を行っています。 治療を行っている状態でプエラリアを飲むことにより、体内の女性ホルモンが多くなってしまい健康面の悪化を招くこととなります。

 

クリニックで専門的な治療を受けている時には、プエラリアに限らず余計な成分を飲まないことが原則になっていますので、プエラリアについても完治するまで控えるようにしましょう。 どうしても摂取したいときには、治療を受けている医師に相談してその判断を仰ぐようにしましょう。 医師から許可が出れば、体への影響を気にすることなく摂取していくことができます。

 

20歳以下の服用

20歳以下の方は、プエラリアの服用に際して十分な注意が必要となってきます。 まず、20歳以下の未成年の方は、まだ体も成長途中の状態にあります。 大人に比べて、体が成熟しきっていない状態になるのですが、ホルモンの状態についても大人よりも不安定になっています。

 

プエラリアは、女性ホルモンに働きかける効果があるのですが、まだホルモンの状態が整っていない状態で服用することにより、体調不良の原因となってしまうのです。 とくに生理が不規則な方は、さらに生理周期が乱れやすくなってしまい体にも大きな影響が出てくる恐れがあるのです。

 

ホルモンの状態が大きく乱れてしまうと、心の状態も不安定になりやすくなってしまいます。 思春期の頃には、いろいろな悩みを抱え精神的なバランスも崩しがちになるのですが、ホルモンの状態によってさらに心の状態も不安定になりやすくなってしまうのです。

 

このように、20歳以下の方が服用することで、心身にも大きな負担がかかりやすくなってしまいます。 とくに思春期の方は安易なプエラリアの摂取を控え、まずは食事や運動によってバストアップを図るようにしましょう。 体への安全性が気になる時には、十分に考えて服用する必要があるのです。

 

不妊治療中の服用

豊かなバストを作る、美肌に効果があると話題のプエラリアは、女性ホルモンの働きを促す成分が含まれていることから、サプリメントなどの商品が数多く出回っています。 しかし、プエラリアの効果は強力であるがゆえに、使用の際は注意しなければならないことがあります。

 

プエラリアはあくまでも閉経後の、女性ホルモンが減少した年齢を重ねた女性向けのものであり、若い女性が摂取すると逆に女性ホルモンに悪影響を及ぼす危険があるからです。 プエラリアの影響を受けた女性ホルモンは、子供を授かるのに必要なエストロゲンの分泌を阻害する可能性があります。それに伴いホルモンバランスが崩れ、妊娠しにくい身体になってしまうこともあることから、若い女性が摂取するのは避けた方のがよいといわれています。

 

特に不妊治療中の女性は元々エストロゲンが低下していたり、ホルモンバランスが崩れている傾向にありますので、プエラリアの摂取はさらに現在の状況を悪化させる恐れがあります。 不妊治療中には自己判断でサプリメントなどを使用せずに、かかりつけの医師の指示に従い、治療を続けましょう。また、何らかのサプリメントの使用を希望する場合には、医師に相談してから摂取するようにしてください。

 

妊娠・授乳中の服用

赤ちゃん近年において更年期障害に悩む人が女性のみならず男性でも増えていますが、その更年期障害の解消において女性ホルモンの重要性が認知されています。その女性ホルモンの活動を助けるためにある植物が注目を浴びており、その植物というのがプエラリアと呼ばれる植物です。

 

このプエラリアとはタイ北部やミャンマーの山岳地帯などの亜熱帯地域の落葉樹林に自生するマメ科クズ属の植物で、現地ではスープの材料など食用として扱われています。こプエラリアにはマメ科であることから食物繊維が豊富に含まれているほかにも、この成分に女性ホルモンに似た特性を持つ成分イソフラボンや植物性エストロゲンが含まれているため更年期障害に効果があるとされています。

 

しかしこのプエラリアに限らず、このホルモンを調節する効果のあるものを摂取する際には注意する必要があります。それはこのプエラリアは先に言ったとおりに大豆と同じ成分であるイソフラボンや植物性エストロゲンには女性ホルモンに似た特性を持つ成分を含んでいるため、この成分をとる際に妊娠・授乳中である場合には胎児に影響を及ぼすことがあります。

 

その理由としては摂取した栄養のほとんどは血流に乗って全身に送られるものであることから、この血液が最も重要な部分をしめる胎盤と母乳に多くの女性ホルモンが含まれることになります。それがおなかにいる赤ちゃんもしくは十乳している赤ちゃんに多くのホルモンが入り込むことで、その体に変化を及ぼすことになるためです。そのためこの妊娠・授乳中においては医師に相談もしくは摂取することを制限するなどをして、そのうえで適切に摂取することが望ましいといえます。

 

生理中の服用

生理用品美しいスタイルを維持するためには、ただスリムになるだけではなく、バストなどは豊かに保っておくことが大切です。 ただ細いだけのスタイルでは女性らしさがいまひとつ感じられなくなりますので、バストはキープしておきたいと考える方も多いのではないでしょうか。

 

バストアップでは様々な努力が行われていますが、バストアップに役立つ成分が含まれているサプリメントも人気となっています。 プエラリアは植物性エストロゲンを豊富に含んでおり、女性ホルモンに似た働きがありますので、バストアップに良い効果を期待できるとされています。 そして利用する際もやはり注意点があります。

 

薬とは違い、サプリメントですので正しく使っていけば副作用の心配などもほぼないと言えますが、女性ホルモンに影響を与える成分ですので、やはり生理中などは使用を控えたほうが良い場合もあります。 人によっては生理痛がひどくなる、生理が長引くなどの症状が出ることもあるとされていますので、変化を感じたら、服用は控えたほうが良いでしょう。

 

商品によっては、生理中の使用を控えるよう記載されているものもありますので、使用前にはよく確認しておきましょう。 そして早く効果を出したいからと、過剰に飲むことも健康に影響が出てしまう場合もありますので、正しい量を守っていきましょう。

 

アレルギーがある

プエラリアを服用する時には、体質にあっているのかという点にも気を付けるようにしましょう。 プエラリアは、イモ類として分類される植物になっていますので、イモにアレルギー反応を起こしやすい方は、服用することができません。 万が一服用してしまうことにより、動悸やめまいの他、湿疹などの様々な症状が表れやすくなってしまうのです。

 

プエラリアについては、女性ホルモンのバランスを整えてくれるという有効性も存在しているのですが、体質に合わない状態で服用してしまうことにより、体にも様々な影響が出やすくなってしまうのです。

 

また、アレルギー反応を起こしやすい方は、一度特定の食品に反応してしまうことで、同じ科の植物にも反応しやすくなってしまいます。 今まで特に問題なく食べられていた食品でも、急に食べることで湿疹であったり呼吸困難などの症状が出てくる場合もありますので、摂取する時には注意するようにしましょう。 プエラリアにアレルギーがあるのか不安があるという時には、クリニックでの検査を受けることで、どのような食品に反応しやすいのか簡単に知ることが可能になります。 体に安全に摂取する時には、まずアレルギーの有無に気を付けるようにしましょう。

 

to-ranking