プエラリアと生理不順の関係






プエラリアで生理不順が改善する

プエラリアといえば、バストアップに有効な植物というイメージを、持っている方が多いでしょう。 確かにプエラリアにはバストアップに有効な、イソフラボンが大豆の約40倍も含まれていると言われています。

 

ただ、プエラリアは何もバストアップ効果があるだけではありません。 多くの女性が悩んでいる、生理不順の改善にも有効と言われているのです。

 

生理不順になる原因は、色々とありますがその中の1つに、女性ホルモン分泌の乱れが挙げられます。 ストレスや疲労、また何等かの原因で卵巣の働きが悪くなると、女性ホルモンのバランスが崩れ生理不順を招いてしまうのです。

 

プエラリアにはイソフラボンの他に、女性ホルモンのような働きをするミロエステロールという、成分も豊富に含まれている為、女性ホルモンの働きを助けてくれます。

 

プエラリアは女性ホルモンの分泌を正常にすると共に、女性ホルモンの働きを活発にする作用があると言われているので、生理不順の対策に有効と言えるでしょう。

 

ただし、プエラリアを過剰に摂取してしまうと、ホルモンバランスが乱れてしまい逆に、生理が不順になってしまったり不正出血を、起こしてしまいかねません。 ですので、規定の量を守り摂取する事が大切です。

 

ひどい生理痛が緩和される?

毎月の生理時にお腹や腰に、強い痛みを感じるという女性も多いでしょう。 そもそも、生理痛はプロスタグランジンというホルモンが、過剰に分泌される事で起こると言われています。

 

プロスタグランジンは出産時にも出るホルモンで、生理時には子宮を収縮させ、経血を体外へと排出させる作用があるのが特徴です。 正常にプロスタグランジンが分泌されていれば、さほど痛みは生じないのですが、プロスタグランジンが過剰に分泌されると、その分子宮の収縮が強くなり強い痛みを感じるのです。

 

このプロスタグランジンが多く分泌される事で起こる生理痛の緩和には、女性ホルモンのバランスを、整える事が大切と言われています。 プエラリアは女性ホルモンの分泌を高め、活性化する作用がある為、生理痛の緩和に有効と言われています。

 

プエラリアはタイなどに自生している植物で、バストアップに効果的という事で、サプリメントなどに加工されていますが、プロスタグランジンの分泌異常を正常にする作用があるので、生理痛の緩和に有効です。

 

生理痛は冷えでも起こる事がありますが、プエラリアは自律神経の乱れから起こる冷え対策にも、有効と言われており体の冷えからくる生理痛の解消にも効果的となっています。

 

閉経後の細菌感染の予防も?

プエラリアは、閉経後の細菌感染の予防に役立つこともあり、中高年の女性にとっては欠かすことができないものとなりつつあります。プエラリアは、アンチエイジングに効果のある美容化粧品の成分としても知られており、スキンケアの方法に関心を持っている人々にとっては非常に身近な存在となっています。

 

プエラリアは、お肌に優しい成分でもあることから、敏感肌や乾燥肌の女性であっても問題なく使い続けることができるといったメリットがあります。アンチエイジングは、40代以降の女性にとって、多かれ少なかれ関心ごととして扱われていますが、プエラリアの効果に期待をする価値は大いにあるといわれています。

 

とりわけ、閉経後の女性は、体調を崩しやすくなったり、細菌やウィルスに対する抵抗力が弱まってしまうこともありますが、プエラリアを積極的に体内に摂取することによって、健康的な毎日を送ることができます。インターネット上では、プエラリアが多量に含まれている商品を取り扱っている通販サイトの数が年々増加しており、街中のデパートなどよりも手ごろな値段で購入をすることができます。そうしたことから、今後もこうした商品に対する魅力を感じる女性が増えるとみられています。

 

まとめ

稀に個人差により効きすぎることもあります。なので、少しでも不安に感じるのであれば決められた摂取量よりもすくなく飲み始めて、少しずつ摂取量を決められた量にしていくことが良いでしょう。

 

プエラリアミリフィカ配合サプリのランキングへ