ホルモンバランスをくずさない生活をしています






ホルモンバランスをくずさない生活をしています

更年期は、女性である以上必ず訪れる避けては通れない道です。 40代後半から50代にかけて、女性は閉経を経験します。 徐々に、月経から月経までのサイクルが長くなっていき、やがて閉経を迎えるのですが、 この期間の事を更年期と呼びます。 更年期とは、この時期の呼び名の事です。 この時期は、女性ホルモンが急激に低下するので、身体がついていかないことがあります。

 

そうした身体の変化が更年期障害として現れる方もいます。 よく聞くのが、ホットフラッシュという火照りや、体がだるくて思うように動けなくなると言うことです。 常に疲れていて、一気に老けたように感じてしまうこともあるそうです。 身近な人で更年期障害で少し悩んでいる方がいますが、その方の症状も 火照りや倦怠感だそうで、急に熱くなり汗が大量に出たりするので恥ずかしいと言っていました。 また、精神的にも鬱っぽくなるらしく、家族に対してヒステリーを起こしてしまうこともあるそうで、 自己嫌悪に陥り悪循環だと言っていました。

 

s-shiisouその方は、更年期障害に効くサプリメントを摂っていますが、悪化するようなら婦人科をたずねてみるそうです。 私も、更年期障害は他人事では無い年齢ですので、数年前から、ホルモンバランスをできるだけ乱さないような生活を心がけています。 例えば、大豆製品を多めに摂ったり、規則正しい生活をしたり、時にはアクティブに外に出たりするようにしています。 規則正しい生活は、健康を維持する上でも有効ですし、早寝早起きする事で一日が有効に使えたという満足感がありますし、しっかり睡眠をとることで、ストレス耐性があがり、くよくよしづらくなります。

 

そして、たまの刺激も必要なので、外で仲間と運動したり、趣味のサークルに行ったりと、人と関わるようにしています。 特に、若い人との交流は自分まで若返った気分になりとても楽しいものです。 こうして、生活にメリハリを持つことで、若々しく元気にいられそうな気がするのです。