気分だけはいつまでも若いままです






気分だけはいつまでも若いままです

気がついたら、更年期障害で悩む年頃になってしまいました。 私の更年期障害はホットフラッシュが激しくて、汗だくになることが多くて、寒い冬でも突然、かーっと自分だけ暑くなることがあってとても困ります。 夜眠っている時も、急激に汗をかいて、汗だくになって夜中に目が覚めて、夜中に着替えなければならないことがよくあります。 そんな中でも気持ちが若いせいか、誰も私の年齢を当てられる人はいません。

 

それに、ホットフラッシュで汗をかいていても、人からは「新陳代謝がいいですね」と言われています。 更年期になっても、気持ちを若くもって、サプリメントなどを飲んでいると更年期障害もヘッチャラになって行きます。飲んでいるサプリメントはビタミンEとビタミンC、それに亜鉛を飲んでいます。ビタミンEは特に若さを保つのに役に立っているようで、体を酸化させることから防いでくれるので、体の錆び付きが防止されて若さを保つことの手助けをしてくれているようです。 夜中に汗をかいて目が覚めてもいいように、着替えをベッドのわきに置いて眠るようにしています。

 

それで、夜中に目が覚めても、さっと着替えることができるので、睡眠の邪魔にならずに済んでいます。 更年期障害の程度はそれほど強くないほうだと思いますが、人前で汗だくになるのはすごく恥ずかしいものです。ハンカチを片手に持って、いつでも汗を拭くことが出来るように気を付けています。 お化粧をすることを忘れないようにして、日焼け止め効果のあるお化粧のベースを使っていて、紫外線対策を怠らないように気を付けています。せっかく色白に生まれたのですから、日焼けしてしわがよったりしないように気をつけています。 好奇心を常に持ち続け、新しいことにチャレンジしたり、仕事に励んだりして、若さを保つように努力しています。誰が見てもマイナス20歳ということが私の特徴でもあり、誇りでもあります。気持ちが老け込んでしまうと体も老け込んでしまいます。