私の更年期障害の緩和法






私の更年期障害の緩和法

私は、42歳を過ぎた頃から更年期障害のような症状が出てきました。病院に行くほどひどい症状ではありませんが、サプリメントとバランスのいい食事で何とかコントロールしています。 まず、体のだるさが長い時間、続きます。体がだるいと、何もやる気が起きず、気分的にも落ち込んでしまいます。 しかも、ちょっとしたことでイライラするし、マイナス思考になり、いつも悪い方向ばかりに考えてしまいます。

 

同級生の友達に相談したら、友達はそんなことはないって言うんです。確かに、友達は、仕事もしているし、見た目も若いし、元気です。 そんな私をいつも通っているホットヨガスタジオに連れてってくれたんです。 意外ですが、ホットヨガスタジオは、アンチエイジング効果があり、更年期障害の緩和にもなるようです。 まず、ホットヨガスタジオは、温度を高く設定しているので、毛穴から汗が出るのが分かります。 汗をかくと、だるかった体もすっきりできました。

 

やっぱり、更年期障害の予防、改善するには、ある程度の運動は必要で、サプリメントだけ飲んでいても無理だということが分かりました。 今は、週に1回、定期的に通っていますが、週に1~2回、ウォーキングをするようになりました。 運動をするようになってから、イライラすることもなくなったし、マイナス思考も少しはよくなったと思います。 でも、若さを保つために、プラセンタのサプリメントは飲み続けています。高いスキンケア化粧品よりも、サプリメントと安い化粧品でケアした方が効果的だし、安く買えるので、これからも続けていくつもりです。

 

お金を掛けなくても若さを保つことはできると思いますが、やっぱり美容整形やエステも気になります。 エステに通うことで、更年期障害を緩和できると思います。エステは、冷え性改善や生理不順の改善もできるボディコースもあるので、十分、通う価値はあると思います。 整体院も同じく、プロのアドバイスを参考にしながら、定期的に通うのもいいかなって思います。