プエラリアで骨粗しょう症の健全化






プエラリアで骨粗しょう症の健全化

骨粗しょう症は閉経後の女性に特に多い症状です。

 

なぜ閉経後の女性に多いかというと、閉経するとエストロゲンという女性ホルモンの分泌が減少します。エストロゲンには骨を破壊する細胞を減らし、骨の新陳代謝のバランスを補正するという大事な働きがあるため、それが減ることで新陳代謝のバランスが崩れてしまうのです。

 

人の骨は皮膚などと同じように細胞でできており、その細胞は常に古いものから新しいものへと入れ替わる新陳代謝を繰り返しています。このバランスが崩れると、古い骨が壊れても新しい骨がなかなかできないため、骨の中が空洞化してスカスカになってしまうのです。これが骨粗しょう症の状態です。

 

プエラリアにはエストロゲンとよく似た働きをするミロエステロールという植物性エストロゲンが含まれており、摂取することでエストロゲンの代わりとなって骨を破壊する細胞の働きをくいとめ、骨粗しょう症を改善することができるのです。 それと同時に、プエラリアを摂ることで女性ホルモンの減少によって起こる抜け毛・薄毛や高血圧・動脈硬化などの成人病を防ぎ、体も女性らしさを取り戻して、美肌やバストアップといったアンチエイジングの効果も期待できるというわけです。