いつ起きるかわからないホットフラッシュ、その原因と対策 | プエラリアミリフィカ.com






いつ起きるかわからないホットフラッシュ、その原因と対策

多くの女性が悩まされている更年期障害。更年期障害によって起こる症状にはさまざまなものがありますが、そのうちのひとつが「ホットフラッシュ」です。

 

ホットフラッシュの症状

 

突然体が火照り大量の汗をかきはじめるホットフラッシュは、普段生活しているなかで自分の意識やまわりの状況に関係なく起こります。

 

急に発生する症状に対応するのはなかなかむずかしいことですよね。そこで今回は、ホットフラッシュがなぜ起こるのか、また実際にホットフラッシュが起きたときにはどう対処すればよいのかについてご説明します。

「ホットフラッシュ」ってどんな症状?

「ホットフラッシュ」は、突然体が火照りはじめ、大量の汗をかいてしまうという症状です。頭に血がのぼってぼうっとしたり、顔も赤くなったりして、まるでのぼせてしまったときのような状態になります。

 

こうして書くと「たったそれだけの症状か」と感じる方も多いかもしれませんが、ホットフラッシュが起きたときにかく汗の量は尋常ではありません。特に運動をしているわけでもないのに、顔や首筋、背中など、主に上半身から、シャツがびしょびしょに濡れてしまうほどの汗をかきます。

 

どんなときに起こるか予測できず、人と話しているときなどにも急に起こったりするので、周囲に心配をかけたり不思議な目で見られたりするのがいやだ、恥ずかしい、と感じる人も多いようです。

 

ホットフラッシュは自律神経が乱れているというサイン!

 

ホットフラッシュは、自律神経が乱れることによって起こります。自律神経は血管の収縮や拡張もコントロールしているため、その自律神経が乱れると血管の収縮・拡張のコントロールが正常通りに行われず、急に血管が拡張して一気に体が火照ることになるのです。

 

そして、自律神経が乱れる原因は更年期障害にあります。

 

更年期障害が起きる前、まだ若いうちは、たいていの女性が女性ホルモンをバランスよく分泌し、自律神経の調子をととのえることができています。卵巣機能が良好なので、必要な女性ホルモンを脳の指令にしたがってじゅうぶんに分泌することができるのです。

 

ですが、年齢を重ね更年期に入ると、卵巣機能の低下によって、なかなか脳の指令どおりに女性ホルモンを分泌できなくなってきます。自律神経が正常にはたらくためにはエストロゲンという女性ホルモンが必要なのですが、更年期になりこのエストロゲンの分泌が少なくなると自律神経が乱れ、ホットフラッシュが起きるようになってしまうのです。

 

ですから、ホットフラッシュを起こさないようにするには、自律神経の調子をととのえること、そして女性ホルモンを補充することが効果的だといえます。

 

ホットフラッシュについて対処・改善するためには

ホットフラッシュの治療については、根本的な改善のためにはどうすればいいかということにくわえ、実際に起きたときにどんな対処をすればいいかということも重要になってきます。そこで今回は、実際にホットフラッシュが起きたときにはどんな対処をすればいいか、そして長期的に体質を改善しホットフラッシュが起こらないようにするにはどんなアプローチをすればよいか、その両方についてご説明します。

 

ホットフラッシュが起きたときの対処法

首筋にウェットティッシュなどを当てて冷やす

ホットフラッシュが起きたとき、体は血管が拡張し一気に体温が上昇した状態になっています。急に上がった体温をすばやく冷やすには、ふとめの血管がある部位を冷やすのが一番効果的です。

 

ふとめの血管がある部位といえば、首筋やふとももなどがあげられます。外出先や人前で起こることもあるホットフラッシュですが、首筋なら人前でもウェットティッシュなどを当てて冷やしやすいですよね。涼感の汗ふきとりシートなども効果的です。

 

体温調節しやすいファッションをこころがける

あたたかい季節はもちろん、秋や冬など肌寒いときにも、なるべく風通しがよく、暑いときには上着を脱いで体温を調節することができる服装を心がけましょう。ホットフラッシュが起きると冬でもたくさん汗をかくほど体温が上がりますので、体温調節がしにくいファッションだとなかなか体温を下げることができません。扇子を常に携帯しておくのもおすすめです。

 

ホットフラッシュを根本的に改善する方法

ホルモン補充療法

ホルモン補充療法は、更年期に入って不足しがちな女性ホルモンを薬で補うという治療法です。 すでに閉経している、もしくは年齢的にも閉経が近いという方には、漢方薬よりも短期間の治療で効果が望めます。

 

漢方薬の服用

まだ月経があり、女性ホルモンの分泌も続いているという方には、ホルモン補充療法よりも漢方薬を用いた治療のほうがおすすめです。

 

漢方薬の効果は穏やかですが、同時に副作用も少ないので、長期にわたって低いリスクで服用し続けることができます。ゆっくり自律神経をととのえたいという方におすすめです。

 

サプリメントで自律神経をととのえ、女性ホルモンを補う

ホットフラッシュの原因であるホルモンバランスや自律神経の乱れを解消するには、プラセンタというサプリメントがおすすめです。また、不足気味な女性ホルモンを補うには、大豆イソフラボンの摂取も有効です。サプリメントはもちろん、豆乳を毎日飲むだけでも効果が見込めるので、手軽に更年期対策をしたいという方にはぴったりです。