胸の小ささについてのコンプレックス | プエラリアミリフィカ.com






胸の小ささについてのコンプレックス

男性なら、目がいく女性の胸元だと思います。
やはり、ないよりはあったほうが女性らしさも感じられるだろうし、
魅力的に思う人のほうが多いと思います。
自分ももし男性なら、大きな胸の人に憧れるだろうなと思っています。
しかし、自分ではどうしようもない胸のサイズという現実もあります。

 

わたしは思春期の頃、胸が膨らみましたが、とっても嫌な気持ちになりました。
大きくなった胸は女性らしさを表し、そして大人になってきているという嫌悪感があり、
大人になんてなりたくないと思っていました。
胸のサイズは結構大きく、それが余計コンプレックスに感じていました。
体型も太っていたので、それも嫌で、必死にダイエットをしました。

 

数年後、ダイエットは成功し痩せましたが、それとともに痩せた胸。
以前の大きさではなくなりましたが、少し小さめになったのが嬉しかったです。
そして結婚。

 

結婚し、妊娠出産し、主人は喜びました。
いきなり胸が大きくなりやはり男性は大きいほうがいいんだと思いましたが、
断乳と同時に胸は小さくなり、小学校高学年ほどしかないくらいまでに小さくなりました。
授乳をやめると小さくなるとは聞いていましたが、ここまで小さくなるとも思わず
ブラジャーもサイズがなく、Aカップを購入しても余るようになり、
主人も小さい胸にため息をつき、そして、しまいにはみんなにペチャパイなど言われるようになりました。

 

女性としての魅力も減ったような気になり、でもどうしようもないので
開き直るようにしましたが、主人との夜の行為の時、とっても申し訳ない気持ちになります。
寝ると、横に広がるので、起きているときよりも小さくなり、本当に胸が全くないのです。

 

こうなると夜の営みも嫌になり、体を見られるのも嫌になりました。
ブラジャーも最近つけていません。ずっとブラトップです。
垂れ下がるくらいの胸がないのも、女性としてどうなのかとも思いますが
大きくなるわけでもないし、諦めています。
言い訳になりますが、小さければ胸の重みで肩も凝らないし、
いいかなと考えを変えるようにしています。