私が胸が小さいことでコンプレックスに感じた瞬間






私が胸が小さいことでコンプレックスに感じた瞬間

私が胸が小さいことでコンプレックスに感じた瞬間は多々あります。

 

やはり一番はパートナーに見せる時。
大きいほうが嬉しいだろうなと思いますし、申し訳なく感じます。
特に仰向けになるとバストが横に流れて、さらに悲しいことに…。
パートナーは気にしないと言いますが、こちらが勝手に卑屈になってしまうんですよね。
胸の大きなグラビアやビデオを楽しんでいることを知ると、やはりコンプレックスを強く感じます。

 

また、外出時に入浴する場面でも感じてしまいます。
私は温泉が好きなので、ふらりと一人で入浴に出かけます。
そんな時、小ぶりな胸が気になってしまいますね。
女性にしか見せないのだから、とわかってはいるのですが…。
これは、私自信も周囲を見てしまうからでしょうか。

 

身体全体は細いのに胸は大きい方、時々いらっしゃるんですよね。
こっそり、尊敬のまなざしを浴びせてしまいます。

 


そして、ブラジャーを店舗で購入する時も気になります。
バストサイズを測られたり、レジに持って行ったりする時にバレてしまうのが恥ずかしいのです。
見るからに小さいのは分かりきっているのに、何を意地になっているんだって感じなのですが。
そのため、いつからかブラジャーは通販で購入するようになってしまいました。

 

ネット通販なら恥ずかしさや、わずらわしさを感じることがないですからね。
しかし試着はできないので、時々合わないのがあるのが難点。
こういう時、誰に見せても恥ずかしくないバストだったらなあと思います。

 

その他、胸倉が大きく開いたTシャツを着ることを避けている点。
本来谷間ができるところが寂しい状態になってしまいますから…。
シリコンブラや大きめに見せることができるブラジャーを使用すれば、盛ることは可能です。

 

しかし無理をしている自分を情けなく思いますし、身体は細いので盛っている部分だけが目立ってしまうのです。
そのため、胸が見える露出や必要以上に盛ることは避けています。
避けていると意識した時、コンプレックスを感じてしまいますね。