理想は「着てても脱いでも、美乳」でしょ | プエラリアミリフィカ.com






理想は「着てても脱いでも、美乳」でしょ

自分が貧乳なのは遺伝のせいだと諦めている方、どうぞ安心してください。今やバストはブラジャーでバストアップする時代です。寄せては上げるだけの「その場しのぎブラ」はもう終わりにして、あなたも今日から育乳ブラで「すっぴんきれいバスト」を目指してみませんか。

 

■育乳ブラジャーがバストアップに良い理由

一般的なブラジャーと比べて育乳ブラジャーは、脇や背中にある脂肪を集めて固定すると言った特徴があります。 大きめのカップや太いアンダーは、伸縮性に富み安定感があるのでバストを押さえつけることなくしっかりと包み込んでくれます。 また、毎日着けることで大胸筋が鍛えられ、正しい姿勢に矯正してくれるといったメリットもあります。

 

■ノーブラでいることのデメリット

下着の締め付けが苦手なあまり、自宅でくつろいでいる時や就寝中はノーブラでいると言う女性も多いと思います。 ですが、ノーブラで過ごしていると、バストの脂肪は脇や背中へ逃げたり、下へ垂れてしまうといったデメリットが発生します。 バストアップを目指したい方は、できるだけバストを揺らさないようにブラジャーでしっかり支える生活を送りましょう。

 

■育乳ブラの正しい選び方

一般的のブラジャーはトップとアンダーでサイズが決まります。 ですが、育乳ブラに関してはメーカーによってサイズ表記に多少の違いがあるので、購入の際は注意が必要です。 メーカーによっては、現在のジャストサイズで選ぶものもあれば、脇や背中の脂肪を寄せ集めた状態を考慮して、アンダーはジャストサイズでもトップをワンサイズ大きいものを選ぶタイプもあります。

 

■育乳ブラの間違った選び方

バストを大きく見せようと、ワンサイズ小さいカップを選ぶことは絶対にやめましょう。 これは、バスト付近の脂肪を集められないばかりか、締め付けによりバストの成長にも悪影響を及ぼします。 また、痩せて見えるようにとアンダーもワンサイズ小さいものを選ぶ女性もいるようですが、これも間違った選び方です。 アンダーがきついと血行が悪くなり、バストの成長を妨げるばかりか肩こりや頭痛などの弊害もおきてきます。

 

■正しいサイズの測り方

サイズを測る時は、少し前かがみの姿勢になりバストをつぶさないようにしましょう。 トップのサイズは、乳頭のあるバストが一番ふくらんでいる所を測ります。 アンダーは乳房のすぐ下の部分を少し引き締めて、付け心地の良い位置で測ります。

 

■正しい着け方

まずはストラップを肩にかけます。 身体を前かがみにさせ、バストをカップの中に収めた後、ホックをとめます。 そのままの姿勢で、右手で右バストのカップ下を押さえたまま、左手で脇や背中の脂肪を寄せてすくうようにカップに収めていきます。 左右を入れ替えて同じように収めた後は、身体を起こしてストラップの長さを調節します。 これを朝だけでなく、トイレに入ったついでにも行うように習慣づけることをおすすめします。

 

■ストラップの長さは重要

ストラップの長さは、少しだけ短めにすることでトップの位置を高くキープできます。 目安としては、ストラップと肩の間に指一本が入るくらいにしましょう。 これより短いと締め付けによって肩こりの原因になりますし、長いとトップの高さが下がったりストラップがズレて不快になります。

 

■ストラップは太めで脇寄りがおすすめ

日本女性のバストは、欧米人に比べて乳房の内側に脂肪が多く柔らかいのが特徴です。 また、外向きにもなりがちなので、ストラップが脇寄りになっているデザインがおすすめです。 多少太めの脇寄りのストラップは、脇や背中に流れている脂肪をしっかりバスト中央に寄せることができます。

 

■カップは3/4カップ

元々バストが大きい人は、服を着た時にスッキリとしたシルエットに見せるためにフルカップを使用することが多いです。 バストアップが目的の育乳ブラの場合は、脇や背中の脂肪を集める3/4カップがおすすめです。 3/4カップは、谷間を見せることも意識して作られているので、いろんなファッションも楽しめます。

 

■アンダーベルトはしっかりしたものを選ぶ

アンダーベルトは、しっかりした生地ものを選びましょう。 アンダーが緩いとバージスライン(身体とバストの境目)がきちんと区別されません。 締めすぎは血行に悪いですが、ある程度しっかり締めることが育乳ブラには必要ですので、アンダーベルトのホックが多く微調整ができるものにしましょう。

 

■正しい洗い方

ワイヤーの入ったブラジャーは基本的に手洗いが良いでしょう。 いくらブラジャー用の洗濯ネットを使っても、洗濯機の遠心力や他の洗濯物との重圧で歪みや痛みが出てきます。 ワイヤーが歪んでしまうと、アンダーに痛みを感じたり、そもそもきれいなバストを作れなくなってしまいます。

 

■何枚用意すればいいの?替え時はいつ?

同じサイズと形のものを最低3枚は用意しましょう。カラーを変えて順番に使用していくと、下着の傷みに差ができません。使用時や洗濯の際に、形の歪みやストラップの緩みは生じてくるので、半年ほどで全て買い換えることをおすすめします。

 

■最後に

いかがでしたか。育乳ブラ生活をするにあたって、特別なことは特にありません。正しい着け方を守って毎日過ごすだけで、いずれ理想的なバストが手に入ります。ブラジャーを取ってもきれいなバストは、美を追究する女性の憧れです。育乳ブラで、「着てても脱いでもきれいなすっぴんバスト」を手に入れましょう。