正しい育乳生活のススメ | プエラリアミリフィカ.com






正しい育乳生活のススメ

生活習慣を見直すだけでバストアップができるってホントなの? 今、女性たちの間で「育乳」という言葉が見直されています。育乳とは、バストが大きくするだけではなく、瑞々しいハリのある均整のとれた美乳を目標とする言葉です。ローマが一日にしてならずと言います。あなたも今日から「育乳生活」を地道に続けてみませんか?

 

■食生活を見直す

日頃の食生活を少し見直すことは、身体に良いだけでなく、バストアップにも繋がります。 偏食しがちな不規則な食生活から、栄養のバランスが取れた食事に切りかえるだけで、内側の健康はもとより更には美しいバストも手に入るのです。 まずは、食べ物で身体の内側から胸を大きくする環境を整え、運動やマッサージなどで美乳を目指していきましょう。

 

■バストアップに繋がる食べ物

バストアップに女性ホルモンは必要不可欠です。月経時などのホルモンバランスの崩れを防ぐためにも、女性ホルモンの分泌を促す作用のある食材を摂り入れていきましょう。植物性エストロゲンを含む食品としては、豆腐や納豆などの大豆食品や、ゴマなどの穀物類、フラックスシードなどがあります。 また、エストロゲンの分泌を増やす作用のあるビタミンCやカロチン、ビタミンB複合体などが含まれる食品も有効です。 バナナやオレンジなどの果物、ピーマン人参ホウレン草などの野菜、レバーや牛肉などの肉類がそれに該当します。

 

■喫煙はNG、カフェインは控えめに

タバコは百害あって一利なしです。内分泌腺に影響を与える喫煙は、バストアップに必要なエストロゲンの分泌まで妨げてしまいます。また、コーヒーや紅茶などのカフェインは、脂肪を分解する働きがありますので、バストアップには不向きなようです。一日に1,2杯に抑えるか、ノンカフェインのコーヒーやお茶を飲むことをおすすめします。

 

■睡眠時間を見直す

乳腺の発達を促すことは、バストアップに繋がる近道です。そして、乳腺の発達に欠かせないものは、やはり女性ホルモンの存在なのです。ホルモンの分泌が多くなる22時から2時までの「睡眠ゴールデンタイム」にきちんと睡眠を取ることで、分泌量はマックスになります。忙しくてどうしても22時に就寝できない場合は、ゴールデンタイムの内1,2時間だけでも熟睡できるように心がけましょう。

 

■猫背にメリットはない

美しいバストを目指すなら、姿勢を正すことは基本中の基本です。姿勢が悪くうつむきがちになることで大胸筋は衰え、バストまでもが下がって小さく見えてしまいます。 特に、座りっぱなしのデスクワークの女性は、前かがみの姿勢によりバストが垂れてしまう可能性があります。肩甲骨を伸ばすよう意識すると姿勢も随分変わりますので、仕事の合間に背伸びや深呼吸しながら、背中を反らして姿勢を正していきましょう。

 

■有酸素運動は良いことだらけ

適度な有酸素運動は、健康だけでなく美乳を目指す人にも最適な方法です。有酸素運動は、新鮮な空気を取り入れながら行うスポーツであり、ホルモンの分泌を促し新陳代謝を上げる効果があります。 また、セロトニンと言う脳内物質が出ることによって、ストレス解消にも大いに役立ちます。有酸素運動にもいくつかの種類がありますが、美乳を目標に選ぶ場合はウォーキングが大変おすすめです。スポーツブラをきちんと着用し、大きく手を振りながら腰もねじるように歩いてみましょう。身体全体の筋肉を使い、背中や腰回りの脂肪をすっきりさせることで、見た目的にもバストアップが感じられるでしょう。

 

■マッサージでバストアップ

美しいバストとは、大きさだけでなくトップの位置や質感も大切です。育乳生活の一環として、お風呂上がりにする簡単なマッサージを習慣付けしていきましょう。 まず、基本になるマッサージとしては、両手でバストを持ち上下左右に動かします。また、持ち上げながら乳腺に刺激を与えたり、鎖骨からバストトップに向けて手をスライドさせることで、リンパの流れも良くなります。

正しいマッサージでないと逆効果になるので、正しい方法はDVDでしっかり学びましょう!
⇒ Bustuplabo~バストアップラボ~

 

■日常にエクササイズを

家事の合間や仕事の休憩時間にもできるエクササイズで、バストアップ&リフレッシュ。両手を合わせた合掌ポーズで、大胸筋を鍛えてバストトップの位置をアップさせましょう。両腕を曲げた状態から、床と平行になるように上下に動かすことも、胸筋を鍛えることができます。1セット20回程度を一日3回ほど行うと、より効果があります。

 

■ストレスは溜めずに発散

育乳生活において、ストレスをため込むことはご法度です。ストレスにより、ストレスホルモンが分泌され、ホルモンバランスに乱れが生じます。女性にとってホルモンバランスが乱れることは、健康美容において何一つ良いことはありません。ストレスが溜まっても、それを解消する方法を自分なりに見つけて対処することが大切です。気分転換に旅行やドライブに行くことも効果的ですし、そういった時間の無い場合は自宅でアロマテラピーや半身浴、読書などもおすすめです。

 

■自分に合った下着選び

皆さんは、自分に合ったブラジャーを着用していますか?可愛いからと見た目だけを重視して、サイズや形を適当に選んでいませんか? 育乳生活において、自分のサイズに合った下着を付けることは美乳への一番の近道です。 ある下着販売会社のアンケート結果によると、女性の約75%が間違ったサイズのブラジャーを着用していることが分かりました。胸の脂肪は脇や背中に流れやすく、サイズの合ったブラジャーを正しく着用するだけで、サイズは1から2カップ上がる場合もあります。ブラジャーを購入する際は、プロに採寸を頼んでから試着をしてみましょう。 また、サイズだけなく形も重視して選びましょう。 ブラジャーには、2分の1カップや4分の3カップのものなどいろんな形があります。自分の胸の大きさや形、質感なども考慮し、できれば同じ形のものを数枚購入しましょう。

 

■ブラジャーの付け方にも注意が必要

いくら自分にサイズや形が合っていても、ブラジャーの付け方が間違っていた場合は美乳にはなれません。ブラジャーは日常生活において少しずつズレてくることもあります。 そんな時は、化粧室などで位置を調整していきましょう。 バストアップができる着用方法は、普段通りに装着した後、バスト周辺の脂肪をカップに集めていくやり方です。右側のカップの場合は、左手を右カップに入れ、そのまま脇や背中の脂肪を持ち上げるように入れます。脂肪がうまくカップに入ったあとは、ストラップを少し引き上げてバストトップが上向きになるように調整します。最初は面倒かと思うかもしれませんが、トイレに行く際に毎回心がけることで、いずれ「いつもの習慣」になっていきます。