高校の頃の失敗

私は中学生の頃から、自分の胸が小さいことをコンプレックスに感じていました。思春期でもあったがために、なかなか周りにも相談できず、一人で悩んでいるだけの日々でした。

 

高校生になってから、バイトも初め、金銭的にも精神的にも余裕が出てきたため、雑誌やTVでよくやっている、バストアップの方法を一通り試していました。

 

一番長く続けたのは、豆乳を飲むことです。これは約1年間、ほぼ毎日続けました。内容としては至って簡単で、毎日200mLのパックの豆乳を一本飲むというものです。これは当時読んでいたファッション誌に載っていたバストアップの方法で、美肌効果もあるということで試したものでした。

 

結果だけ言うと、バストアップに効果はありませんでした。サイズには全くの変化なしです…。肌は綺麗になり、不順だった生理が順調に来るようになる、といった思わぬ効果はありました。

 

それと並行して行なっていたのが、当時TVや雑誌で話題になったカーヴィーダンスです。これは毎日20分程度、約半年間続けました。最初は面倒だったのですが、ゆるゆると体を動かす感じが楽しく、今でも時々思い出したときに行っています。

 

こちらも、結果としては効果はありませんでした。元がダイエット効果を期待したものを中心に行っていたせいか、引き締まった体になりました。カーヴィーダンスはしなやかな筋肉を作る、というもので、私の体質が元々筋肉がつきやすいものだったこともあり、ダイエット効果の方はてきめんでした。しかし、バストアップ効果は得られませんでした…。

 

また、食生活に関しても並行して行っていました。胸を大きくするといわれる成分の入っているキャベツや鳥肉を毎日食べたり、大豆製品もなるべく多く摂るように心掛けたり、思いつく限りのことは全て行いました。

 

これだけしても駄目だったのは、恐らく脂肪が付きにくく、筋肉の付きやすい体質だからだと思われます。今ではもうバストアップは諦めて、今の体型を維持することを心掛けています。