産後のバストケア | プエラリアミリフィカ.com






産後のバストケア

産後、授乳をしなければいけません。
授乳をしていると、卒乳をした時にしぼんでしまい、小さくなっていきます。
少しでも美乳でいたいと思うので、産後からのケアが大切なんだろうなと思いました。
一人目を出産したときはバストケアのことは全然考えていませんでした。
しかし、二人目のときはしぼんでしまうのが嫌なので産後からおっぱいマッサージを始めました。

 

 

授乳した後、おっぱいをもんだりしてマッサージをし、最後に数回おっぱいを揺らします。
おっぱいは揺らすことによって血液が循環になって垂れるのを防ぐとも言われています。
トイレに入ったときなどにもおっぱいを揺らしてみるのもいいかもしれませんね。
誰もいないところで習慣化できるとおっぱいもいい形をキープすることが出来ます。
マッサージをしていると、おっぱいや周りがすごくポカポカしてくるので、血行の流れも良くなってきているのかなと思っています。

 

普段の生活で姿勢に気をつけることが出来ます。
特別な運動をわざわざしなくても姿勢を保つことで、腹筋や背筋が鍛えられます。
猫背になると血流も悪くなるので、バストは垂れやすくなってきます。
背筋を伸ばすことを意識することによって上向きのバストにだんだん変わっていくのです。
ウォーキングは筋肉も多少はつき、燃焼効果もあるので、バストアップにはすごくオススメです。

 

腕を鍛えることもバストアップにつながります。
ダンベル運動や腕立て伏せも効果があります。
腕立て伏せは道具も要らないし、テレビを見ながらでもすることが出来ます。
大胸筋を鍛えることによって形のいいバストが作られるのです。

 

豆乳をよく飲むようにも気を使っています。
豆乳にはイソフラボンが豊富に含まれていて、女性ホルモンと同じような働きをします。
豆乳に限らず、大豆製品はすごく身体にもバストアップにも強い味方なんです。

 

小さなことばかりですが、気をつけるように毎日心がけるようになりました。
1人目のときよりもバストはいい形をしています。