バストアップに逆効果な行動は?

プエラリアに含まれる植物性エストロゲン・イソフラボンは、摂取することで女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌を活性化する作用があり、その作用によってバストアップ効果や更年期障害の症状を改善したり、予防する効果をもたらします。

 

研究によれば、プエラリアの植物性エストロゲン・イソフラボンの含有量は、イソフラボンの含有量が多いといわれている大豆の約40倍にも達することが分かっており、他の食品を摂取するよりも効率的に女性ホルモンの分泌を活性化できるのが特徴ですが、バストアップを目的として摂取する場合には、プエラリアを摂取するのと同時に、逆効果となる行動をとらないことも重要となります。

 

バストアップに逆効果となる行動の代表的な例としては喫煙が挙げられます。 煙草に含まれるニコチンは様々な健康被害を及ぼす有害物質として知られていますが、その作用の一つに女性ホルモンの分泌を抑制する効果があります。

 

バストアップには女性ホルモンの分泌が必要不可欠であるため、喫煙によって体内へニコチンを取り入れてしまうと、プエラリアによる女性ホルモンの分泌の活性化作用が無意味なものとなってしまいます。 また、煙草に含まれるニコチンには血管を収縮させる作用もあり、この作用がバスト周りの血行を悪化させることで、バストアップ効果が阻害されてしまいます。”