プエラリアを摂り過ぎると乳がんのリスクが高まる?






プエラリアを摂り過ぎると乳がんのリスクが高まる?

脂質代謝を良くし、コレステロールを抑えてくれる働きがある、女性ホルモンのひとつであるエストロゲン。 そのエストロゲンを活性化してくれるのが、プエラリアです。 エストロゲンには、乳腺を発達させ乳房の細胞分裂を促進する効果もあるので、バストアップ目的でプエラリアを摂取している方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、最近ではプエラリアを摂り過ぎると乳がんのリスクが高まるのではないか、という話を耳にする機会が増えました。 はたして、本当に乳がんの発症リスクと関係があるのでしょうか。 実はまだ、はっきりした因果関係は証明されていません。

 

プエラリアにはミロエステロールと呼ばれるものが含まれており、それが乳がんと結びつくと、がん細胞を増殖させてしまう危険性があるため、一般的に乳がんのリスクが高まると言われているのです。 エストロゲンは増えすぎると、子宮内膜や乳腺に良くない影響を及ぼしてしまうため、プエラリアの過剰な摂取は好ましくありません。

 

ただ、用法用量を守って使う分には効果的なことに変わりはありませんので、自分の体に合わせて量を調節したり、月経周期に合わせて飲むようにするなど、バランスを取りながら摂取するようにしましょう。”