古いブラを使い続けると垂れるってホント?!正しい替え時を知ろう | プエラリアミリフィカ.com






古いブラを使い続けると垂れるってホント?!正しい替え時を知ろう

古いブラジャーってきっかけが無いとなんとなく使い続けてしまいませんか?お気に入りのブラだし、捨てるのももったいない。家にいる時は古いブラを使っている…そんな人は要注意。実は胸が垂れる原因になるのです。今回は古いブラを使い続けるデメリットや垂れるワケ、正しいブラの替え時などをご紹介していきます。

 

「胸は垂れたら元に戻らない?!

そもそも胸が垂れる理由を知っていますか?まず胸の構造と垂れる理由を知っておきましょう。

 

バストを構成しているのは脂肪や乳腺。これを内側から引っ張り支えているのがコラーゲンの繊維組織であるクーパー靭帯です。

 

これが胸を引き上げてくれることで美しい胸の形や位置をキープすることができます。しかしクーパー靭帯は胸の揺れで伸びてしまったり、切れてしまうことも。実は一度伸びたり切れてしまうと修復できないのです。他にも胸が垂れる原因として、胸の筋肉の衰えや、皮膚の柔軟性や弾力性の低下、乳腺の組織減少などが考えられます。

 

胸が垂れる前に正しいブラジャーを身につけておくことはとても大切。たとえ垂れてしまってもマッサージや筋肉をつけるトレーニングを行いブラジャーで固定することで、徐々に戻していくことは可能です。

 

知らず知らずのうちに劣化している古いブラ

ブラジャーにも寿命があります。ブラがやぶれてしまった、大きく変形してしまった…そこまでいくのは寿命をはるかに超えて使用していた場合。一般的にブラジャーは100日ほど使用すれば寿命がくると言われています。もしあなたがブラジャーを3枚持っているなら、1つのブラの寿命は1年弱と計算できますね。意外と短いと思いませんか?

 

古いブラジャーは使うたびに少しずつ劣化しています。特に洗濯機で洗ってしまうとその寿命が縮まるため、出来るだけ形を崩さないように手洗いをするようにしましょう。

 

歪んだ古いブラジャーは垂れの原因だけではなく胸の形を悪くし、美しい胸をキープできなくなります。

 

ぜひ一度持っているブラジャーをすべて出して、その状態をチェックしましょう。ワイヤーが曲がっていませんか?カップが変形していませんか?メッシュやゴム部分が薄くなったり伸びていませんか?くたびれた見た目になってきたり、タグが読めなくなってきたらもう寿命です。思い切って買い替えましょう!

 

変わっていく胸のカタチ

女性の胸の形や大きさは変わるものです。ダイエットや体重増加でサイズが変わったり、生理周期でも胸の張りは変わります。また妊娠、出産、授乳の影響は大きく、加齢とともに自然と垂れてしまうものです。

 

古いブラジャーといってもあまり使っておらず新品同様のものを持っていたとしても、それは今のあなたにピッタリ合うものとは限りません。現在の胸の状態を把握し、そして現在の自分に一番合ったものを使うことがとても重要なのです。

 

下着専門店に行くと知識を持った店員さんがあなたのバストのカタチとサイズに合ったものを選んでくれます。「ちょっと恥ずかしいし気が進まない」そう思う人もぜひ一度足を運んでみましょう。自分ひとりで今のあなたにピッタリのブラジャーを選ぶことって意外と難しいですし、垂れない美しいバストを保つためにも少しだけ勇気を出しましょう!

 

ちょっと知っておきたい運気のハナシ

 

ここでちょっと運気の話をしましょう。古いブラジャーを使用すると胸が垂れてしまうだけでなく、運気が下がってしまうのは知っていますか。風水では、古い下着や服をたくさん持っていると運気が下がると言われています。布は人などの縁と深い関係があり、「良い出会いが無い」という人は身近な布を変えると効果的です。特に下着は直接肌に触れるため、その布が持っている運気を吸収しやすく、一番に替えるべきものなのです。

 

「どうせ見えないから古いブラや下着でいいや」と思うのではなく、見えないからこそ気を遣うことであなたの運はガラリと変わるかもしれません。新しい下着を身につけると気持ちも晴れ晴れして、何だか周りが明るくなったような気がしませんか?

 

古いブラジャーの正しい捨て方

ほとんど着ない古いブラジャーといっても、それはあなたがずっと身につけてきたもの。お気に入りもあるかもしれないですし、なかなか捨てづらいですよね。実際に女性の半数が古いブラジャーを捨てることに躊躇したことがあるというデータも。だからといってそのままゴミ箱にポイッとするのもマナーとして良くありません。ゴミ袋の外から下着が捨てられているのが丸わかりだと、見た人の気分も悪いですし、防犯面でも危険です。特に一人暮らしの女性は気を遣うようにしましょう!

 

古いブラジャーは、ハサミで原型が何だか分からないほど細かく刻み、新聞紙などでくるんで捨てるのが正しい方法。自治体によってゴミの分別方法に差がありますが、ワイヤーやホックなどの金具は不燃ごみで出すのが良いでしょう。きれいなレース部分やリボン、装飾品が付いていたら外して別の用途で使ってもいいですね。

 

見た目も若く美しく

古いブラジャーに決別をすることでのメリットはたくさんあります。自分に合ったブラジャーを選ぶことで形が整い、加齢とともに胸が垂れることを阻止できます。実は胸が垂れていると見た目の年齢が4歳以上も老けて見えると言われています。いつまでも若く美しいバストでいるためにも、まずは古いブラジャーを使うことをやめましょう。また正しい姿勢でいることでより胸が美しく見え、女性としての魅力が増しますよ!