絶対に知っておきたい!ブラジャーのカップの知識 | プエラリアミリフィカ.com






絶対に知っておきたい!ブラジャーのカップの知識

今あなたが身につけているブラジャー、本当にあなたに合っていますか?自信を持ってカップ数を言えるでしょうか?実は、全体の8割ほどの女性が、ブラジャーの間違った選び方をしていると言われています。今回はブラジャーのカップの知識をはじめ、知っておきたいブラやサイズの情報をまとめてみました!

 

あなたのブラジャー本当に合ってる?

あなたはブラジャーをしていて窮屈さを感じていませんか。家に帰ってまずすることはブラを外すこと…そんなあなたはもしかしたら間違ったサイズのブラをしているかもしれません。他にもブラを外すとくっきりワイヤーの跡が残っていたり、肩ストラップがずり落ちていたり、カップを上から見た時に空間が出来ていたら合っていない証拠!胸の大きさや形は変わっていくものです。

 

生理周期でも変化しますし、出産や授乳を経験すれば大きくカップが変わる人もいます。胸はダイエットや体重増加でも変わりますし、加齢とともに変化するのが自然です。

 

たとえカップをピッタリ合わせた新品のブラジャーでも、ちょっと久しぶりに着けたらもうそれはピッタリではないかもしれません。

 

理想を言えば、ブラジャーを購入するたびに定期的に専門知識のある店員さんに正しいカップを測ってもらうのがベスト。しかし「それはちょっと恥ずかしい…」と思う人のために自分で正しいカップを測れるようになりましょう。

 

何カップ?サイズを測ってみよう

それでは早速自分でバストのサイズを測ってみましょう。準備するものは鏡とメジャー。自分の姿を鏡で見て、メジャーが斜めになっていないかどうかチェックしながら行います。トップは胸の一番高いところ、アンダーは胸の一番低いところです。トップサイズを測る際は90度腰を曲げおじぎをした状態で測るのがポイント。これならばたとえ少々胸が垂れてしまっていても正しいカップを確認できます。次にアンダーを測ります。背筋を伸ばして背中側が斜めにならないように注意して測りましょう。このトップとアンダーの差でカップを算出します。

 

・差が10.0センチ…Aカップ ・差が12.5センチ…Bカップ ・差が15.0センチ…Cカップ ・差が17.5センチ…Dカップ ・差が20.0センチ…Eカップ

 

もっと差が大きい人は2.5センチにつき1カップサイズがアップするため確認してみてくださいね。 ちなみにトップを立って測らないのは人によって胸が離れていたり、垂れてしまい正しいサイズが測りにくいため。鎖骨の真ん中と、左右のバストのトップを線で結んで正三角形になっていれば、歪みはありません。つぶれた二等辺三角形になっていたら、胸を正しい位置に誘導してあげる必要があります。

 

カップに胸を優しく入れて!ブラの正しい着け方

カップサイズがきちんとあったブラジャーを正しくつけることで胸は負担なくきれいな形を維持できます。意外と知らない、正しい着け方を覚えておきましょう。

 

    肩にストラップをかけて、ブラの下部分を持ちます。少しおじぎをする姿勢で胸をカップの中に入れて、背中のホックをとめます。
    おじぎをしたまま、右手で右のカップのストラップを浮かせ、左手で右胸全体をつつみ中心に寄せながら肩の方向へゆっくり引き上げます。左のカップも同様に行います。
    体をまっすぐにして、ストラップの調整をします。
毎日行うことで離れがちの胸や垂れがちの胸も本来あるべき位置に少しずつ納まるようになります。慣れないうちは少し面倒かもしれませんが、正しい着け方をすれば胸にとっても楽に育ちやすい良い環境になりますのでぜひ行ってくださいね。

 

胸やブラジャーがこんな状態になっていたらNG!!

 

ブラジャーを着けたら胸の状態をチェックしましょう。

 

    カップはカパカパしたり、くいこんでいませんか?
    ストラップはたるんだり、くいこんでいませんか?
    前中心が浮いたり、くいこんでいませんか?
    アンダーバストが上がっていたり、圧迫感はありませんか?
    脇下からバストの下側(バージスライン)にワイヤーがくいこんでいませんか?

 

一つでも当てはまるものがあったり、違和感がある部分があればそれはブラジャーが合っていない証拠。サイズが合ったものを選んだつもりでも、メーカーやデザインによって形は若干違います。ブラジャーを試着せずに購入するのは絶対ダメ。正しい着け方をし、装着後に細部までチェックして本当に合うかどうかを判断することが大切です。

 

分厚いパット入りカップは買っちゃダメ?

 

ブラジャーを選ぶときに、胸を大きく見せたいからといって分厚いパット入りのブラを選ぶ人がいますが、それはお勧めできません。パットが入っている分胸に圧力がかかり、胸が育ちにくいからです。また胸の内部には胸を上に引き上げる働きをするクーパー靭帯があります。このクーパー靭帯が外部からの刺激を受けて損傷してしまうと胸が垂れる原因にもなるのです。

 

分厚いパットが入っていなくても、本当に体にピッタリフィットするブラジャーを選んで毎回正しく装着できればカップサイズはアップします。試着時に簡単に大きく見えるブラジャーは、購入前に「本当に自分の胸にとって良いブラジャー?」と問いかけてみて。ブラジャーで大切なのは「胸が大きく見える」ことではなく、「胸がきれいに育つ」ことですよ!

 

ブラジャー選びと着け方は、基本中の基本。でもこの基本を押さえておけば美しい胸をキープできますよ!